忍者ブログ

24 -twenty four- な日々。

海外ドラマ「24 twenty four」のブログです。 Michelle役で出演しているReiko Aylesworthの大ファンになりました♪ 映画にもハマっていて、レビューもたくさん書いたりしてます。 Gerard Butlerも大好きです♡最近はHAWAII FIVE-0に夢中です♡♡

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

花嫁のパパ2




■FATHER OF THE BRIDE PART 2
花嫁のパパ2
1995年・アメリカ

■キャスト
出演:スティーヴ・マーティン / ダイアン・キートン / マーティン・ショート  ほか
監督:チャールズ・シャイアー
脚本:ナンシー・マイヤーズ ほか

■ストーリー
最愛の娘を嫁がせたパパがついにおじいちゃんに!?
そしてなぜか妻も妊娠!!
ダブルのおめでたに慌てふためく父親の姿を、爽やかな笑いとともに描いたハート・ウォーミング・コメディ。
楽天ブックスより引用

■レビュー
続き物のようですが、1は見ていません・・・
想像するに、娘を溺愛するパパが泣く泣く結婚を許したってところでしょうかね。
ストーリーは、楽天から引用している↑で全てが分かってしまうほど単純明快。

娘役の人が可愛かったですが、ほぼパパ目線での話しなので、
若干出番は少なめ。

お母さん&娘が同時期に妊娠してしまうというドタバタコメディですが、
お母さんかなりの高齢出産なのに、その辺の苦労は全く描かれていません。
あれよという間に臨月になって、特に目立った事件もなく、
そしてドラマにはありがちな娘&母で同じ日に出産という・・・

あまりにも出来すぎですけど、まぁドラマなので

主役のパパは、ダンディな感じなので、
コメディっぽいシーンの笑が倍増!
イイ感じでした

弟くんが出てきますが、ものすごく蔑ろにされている感じでかわいそうでした。笑


にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へにほんブログ村 テレビブログへ
 ブログランキング・にほんブログ村へ
  

拍手[0回]

PR

デジャヴ




■デジャヴ
DEJA VU
2006年、アメリカ

■キャスト
出演:デンゼル・ワシントン / ポーラ・パットン / ヴァル・キルマーほか
監督:トニー・スコット

■ストーリー
543名もの犠牲者を出した、凄惨なフェリー爆破事件。
捜査官ダグは、手がかりを握る一人の女性の遺体を見た瞬間、強烈な“デジャヴ"に襲われたー「私は、彼女を知っている・・・」。
彼は特別捜査班の一員として、政府が極秘に開発した【タイム・ウィンドウ】と呼ばれる映像装置を見せられる。
その正体は、現在時間から《4日と6時間前》の映像を自由に見ることができる、驚くべき監視システムだった!まるで生きているかのように美しい彼女の姿を見続けるうちに、ダグは再びデジャヴを感じ、さらに「彼女を救いたい」と強く願うようになる・・・。
やがて、《4日と6時間前》の過去と現在をめぐる《驚愕の真実》が明かされる。
果たして、彼は“すでに殺されている女性"を救い出し、“すでに起こってしまった爆破事件"を防ぐことができるのか?-その答えは、“デジャヴ"に隠されている・・・。
楽天ブックスより引用

■レビュー
デンゼル・ワシントンかっこよかったです。
初めて聞いた連邦機関の捜査官が事件を解決していきますが、
ジャンルはSFです。

途中までの盛り上がり方は半端無かったです!!
コレがどう繋がっていくのか?!と・・・
’デジャヴ’というタイトルどおり、最初と最後の繋がりが良く出来てるなぁと思いました。

ただ、ストーリーがタイムパラドックス系に進むに連れて、
ものすごい矛盾ばっかりでそれが気になってしまいました。

同じ次元に2人の同一人物が存在してしまうのは、
タイムパラドックスモノではご法度だと思うのですがね。。。
主人公・ダグが死んだ後にまた生きてる方が出てきたのには本当にびっくり
タイムマシーンにはならないっていっときながらちゃっかりタイムスリップできちゃうし。

それを抜きにしたら、ストーリーも面白くて良かったんですけどね~
デンゼル・ワシントンのかっこよさでカバーでしょうか。
最後ハッピーエンドなのは良かったです。

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへにほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

拍手[0回]

水曜日のエミリア




■水曜日のエミリア
LOVE AND OTHER IMPOSSIBLE PURSUITS
2009年、アメリカ

■キャスト
出演:ナタリー・ポートマン / リサ・クドロー / スコット・コーエンほか
監督:ドン・ルース
脚本:ドン・ルース

■ストーリー
心ときめく恋、永遠の愛を誓い合う結婚、子供の笑い声が響く家庭ー女性なら誰しも、その全てを手に入れたいと願うのは当然のこと。
新人弁護士のエミリアも、ごく普通の幸せを求めただけだった。
しかし。彼女の場合、最初のボタンを掛け違った。
既婚者の上司に恋をしてしまったのだ。
エミリアの妊娠をきっかけに離婚が成立した相手と結婚したものの、世間の見る目は“略奪女"。
以来運命が彼女に配るカードはどれも不運ばかり。
週の半分をいっしょに過ごす夫の息子は、決して心を開かない。
エリート医師の元妻は、エミリアの子育てを厳しく監視し、何かと小言を言ってくる。
とどめは、愛する夫との間に生まれた赤ちゃんの突然死だった。
追い詰められたエミリアは娘の死にまつわる“秘密"を告白すると、愛する家族との絆はぷっつりと切れてしまう。
家を出る決意をするエミリア。
しかし、そんな家族を再び結びつけたのは、ある意外な人物だった…。
楽天ブックスより引用

■レビュー
ナタリー・ポートマンが普通の女性を演じた本作。
どうしてもハーバード出の弁護士には見えないところが少し残念。笑
弁護士としてのシーンはあまりなく、ほとんどが専業主婦な感じでした。
でも若いから’お母さん’というよりは’お姉ちゃん’みたい

子どもが出来たから略奪婚をしたけど、その赤ちゃんが亡くなってしまうと言う
昼ドラも顔負けのドロドロストーリーですが・・・
家族がテーマになっているので、そこらへんのドロドロな感じがあまりありません。

赤ちゃんは乳幼児突然死で亡くなってしまうのですが、
その悲しみを夫婦で共有できないところがリアルだなぁと思いました。
不倫は不倫だから楽しい、ってことですね

赤ちゃんが亡くなったのは自分のせいだと責めるエミリア。
やっぱりこういう演技はアカデミー賞女優、ものすごく上手で涙を誘いました。

エミリアの夫の元妻を演じていたのは、フレンズの リサ・クドロー。
フレンズのときとは全く違う役柄でしたね~
教育ママの典型みたいな。
「P.S. I LOVE YOU」の時は、フレンズのフィービーそのままな感じでしたけど。
でも最後はいい人な感じで良かったです!

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへにほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へブログランキング・にほんブログ村へ

拍手[0回]

マグノリアの花たち



■マグノリアの花たち
STEEL MAGNOLIAS
1989年・アメリカ

■キャスト
ジュリア・ロバーツ/サリー・フィールド/ドリー・パートンほか

監督:ハーバート・ロス
脚本:ロバート・ハーリング
原作:ロバート・ハーリング

■ストーリー
アメリカ南部ルイジアナ州の小さな町。
しっかり者の母親マリンは娘シェルビーの結婚式の準備で大忙しであった。
町の社交場であるトルービィの美容院でいつも通りおしゃべりに花を咲かせていた時、シェルビーは糖尿病の発作に襲われる。
彼女は難病を抱え、結婚しても子供を産んではいけない身体だった。
幸せな結婚生活を送るシェルビーだったがクリスマスの日、母に妊娠したことを打ち明け・・・。
楽天ブックスより引用

■レビュー
キーファーの元婚約者、ジュリア・ロバーツが出演しています♪(今更ですが。笑)
プリティウーマンでブレイクする少し前の作品のようで、
主演ではないジュリア・ロバーツでした。

6人の女性がストーリーの中心で、あえて主役をあげるなら、サリー・フィールドかなぁ。
ERでアビーのハチャメチャな母親・マギーを演じていた女優さん。
貫禄あると思っていましたが、はやり有名な方だったんですね。

名作といわれている本作。
英語の授業とかで見そうな感じでした。
すっごく盛り上がる場面もないし、物語は淡々と進んでいきます。
普通の田舎町の、普通の女性たちが主人公なので、大事件も起こるわけもなく。。。

雰囲気が、「愛と追憶の日々」に似ているな、と思いました。
母娘のストーリーで、娘が亡くなってしまうのは全く一緒だし。
ただ、こちらの方が出演者が豪華なので、もう1度見るならこちらかなって。

ジュリア・ロバーツ演じるシェルビーは、糖尿病を患っていて、
その体で子どもを生んでしまうことで結果的になくなってしまうわけですが、
子どもが生まれる場面であったり、子育ての部分は全く語られません
「妊娠したの」→いきなり「1歳の誕生日」
ここをもう少し深く掘り下げてたら感動が更に倍増したかなと思いました。



にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへにほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へブログランキング・にほんブログ村へ

拍手[0回]

ラスト・ターゲット



■THE AMERICAN
ラスト・ターゲット
2010年、アメリカ

■キャスト
出演:ジョージ・クルーニー/ヴィオランテ・プラシド/テクラ・ルーテンほか
監督:アントン・コービン
脚本:ローワン・ジョフィ
原作:マーティン・ブース

■あらすじ
スウェーデン、冬。
暗殺を生業(ルビ:なりわい)として生きる男ジャックは、連れの女と雪原を歩いているところを狙撃される。
一瞬の間にスナイパーを返り討ちにすると、一緒にいた女も撃ち殺した。
彼女も敵の一味だったかもしれないー。
疑惑を胸に秘め、男はスウェーデンを後にした。
ローマ。〈組織〉の連絡係と接触した男は、“誰も知り合いを作るな"との指示を受け、山奥の街に身を寄せる。
男は自らをアメリカ人のカメラマン、ジャックと名乗り、静かで穏やかな日々を送る。
そこで、彼は美しい娼婦クララ(ヴィオランテ・プラシド)と出逢う。
彼女は謎めく男ジャックに心魅かれ、共に生きる人生を夢見始めた。
ある日、ジャックは〈組織〉を通じて、マチルデ(テクラ・ルーテン)という女から狙撃銃の製作を依頼される。
彼はこれを最後の〈仕事〉と決意し、依頼を引き受ける。
しかし再び忍び寄る、ジャックを襲う暗殺者の影。
彼の“最後の仕事"、その標的〈ラスト・ターゲット〉とはいったいー?
予想もつかない運命が、ジャックを待ち受けていたー。

■レビュー
ジョージ・クルーニーの割と最近の作品です。
主人公がジョージ・クルーニーじゃなかったら絶対成り立っていないんだろうな・・・というのが最初の感想。

ジョージ演じるジャックが何ものなのかがはっきりと最後までわかりません。
プロの殺し屋?なのかと思いますが、あまり派手なアクションシーンとかはなかったです。
ひたすら静かに武器を作っているだけ。。。
登場人物もかなり少ないので、サスペンス的要素もありません。

登場する2人の美女はすっごくキレイですが、何だか髪型とかも似てて途中でどっちか分からなくなりました。笑
一方は殺し屋、もう一方は娼婦ですが。

ジョージを見ていていつも思うのは、顔の渋さと体系が見合っていないこと・・・
白髪が多いから実年齢よりも上に見えます。
でも体は鍛えているんですよね~
そのギャップがやっぱり、ビックスターですね。

ちなみに今回吹替えを見てみましたが、ジョージの吹替えは小山力也さんでした!
しかも役名がジャック・・・
電話で「ジャックだ!」という場面は24そのもでした。
物静かな感じだったので台詞が少なかったですけどね。

見所はジョージ・クルーニーと景色のきれいさです。
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへにほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へブログランキング・にほんブログ村へ

拍手[0回]

ボーン・アイデンティティー




■ボーン・アイデンティティー
THE BOURNE IDENTITY
2002年

■キャスト
出演:マット・デイモン/フランカ・ポテンテ/クリス・クーパーほか
監督:ダグ・リーマン
脚本:トニー・ギルロイほか
原作:ロバート・ラドラム
プロデュース:パトリック・クロウリーほか

■ストーリー
海上を漂っていた瀕死の男(マット・デイモン)がイタリア漁船に救われる。
語学に堪能で、自己を守るための武術と頭脳に優れている彼だったが、記憶を喪失し、自分の名前や経歴すら思い出せない。
唯一残されていた銀行の名前と貸金庫の番号から、スイスへ赴いた。
そこには“ジェイソン・ボーン"名義の身分証明書と他にさまざまな国籍のパスポート、大量の現金、拳銃が眠っていた…。
そして、時を同じくして、アメリカではCIAが彼を抹殺する指令を出していたー!?
「リプリー」「オーシャンズ11」のマット・デイモンが初めて本格的アクションに挑戦!!これまでになかった知的でタフな新しいヒーロー像を作り上げたスパイ・アクション。
共演は「ラン・ローラ・ラン」のフランカ・ポテンテ、「パトリオット」のクリス・クーパー。
楽天ブックスより引用

■レビュー
WOWOWでやっていたので観てみました!
めずらしく吹替えで。
主演のマット・デイモンの吹替えは、ERのカーター先生の平田明広さん。
ヒロインのフランカ・ポンテの吹替えは、愛しのミシェルの湯屋敦子さん。
カーター先生とミシェルの夢の共演です。笑

ジャンルはアクションで、スパイ・アクションらしいです。
今話題のトム・クルーズ主演のミッションインポッシブルみたいな感じでした。
ミッションインポッシブルは、題名の通り?ありえないような事ばっかり起きますが、この作品ではそこまでありえない事は起こらず、現実的な感じでした。
ミッションインポッシブルを現実的にした感じで、なかなか面白かったです♪

マット・デイモンはアクションがすごいですね!
銃撃戦とかではなく、肉対戦!!
めちゃめちゃ強かったです。
オーシャンズシリーズで初めて知りましたが、イケメンです。

一つ残念だった点は、ヒロインがあまり・・・なところです。
ものすごいキレイなわけでもなく、かといって可愛らしいわけでもなく、でも燻し銀な感じなわけでもなく。。。
マット・デイモンの相手役にしてはちょっと年上過ぎる気がしました。
ERのクロエ(ルイス先生のお姉さん)役の女優さんをこぎれいにした感じの見た目の方でした。

ヒロインなので、マット・デイモンと恋に落ちる役ですが、あんまり感情移入できなかったなぁ。
吹替えだったらミシェルを想像すればOKですが。笑

マット演じるジェイソンはCIA?に暗殺されそうになっているんですが、その理由が最後までみてもイマイチ分かりませんでした。。。
ジェイソンは殺し屋?らしいのですが。CIAのエージェントなんでしょうか。
ちょっと調べてみたら、どうやらこれは続き物の第一弾らしいです。
続きを見れば分かるのでしょうか。


にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへにほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へブログランキング・にほんブログ村へ

拍手[0回]

ラストキス



■ラストキス
THE LAST KISS
2006年・アメリカ

■キャスト
ザック・ブラフ/ジャシンダ・バレット/ケイシー・アフレックほか

■ストーリー
付き合って3年のジェンナ(ジャシンダ・バレット)とマイケル(ザック・ブラフ)。
カノジョは1日も早く結婚して家族を築きたい!
カレは、1日も長~く、幼馴染たちと楽しく独身生活をエンジョイしていたい!-
その矢先、カノジョが妊娠!いつかは結婚しようとは思っていたものの、突然の出来事で不安を隠せないマイケル・・・。
ある日、友人の結婚式で出会った女性に声を掛けられ、期待に胸膨らませる!
ほんの火遊びのつもりが、思わぬ方向へ進んで行き・・・!
楽天ブックスより引用

■レビュー
FOXで放送していたのでたまたま観ました。
いくつものラブストーリーが平行して進んでいく、いわゆる恋愛オムニバスもの。
「ラブ・アクチュアリー」とか「バレンタインデー」とかに似てます。
上記2作品に比べたら登場人物が少なく、登場人物が家族だったり友人だったりするので、わかりやすかったです。
ただ、有名な俳優が出ていないので(わたしが知らないだけかもですが)把握するのに少し苦労します。

一番主役っぽいマイケル、いい人っぽいですが冷静に見るとかなりサイテー男。。。
妊娠した恋人が居るのに、大学生と浮気・・・
やっぱりだめだと1度は思いとどまるものの、彼女に浮気がバレて家を追い出された後は何を思ったか関係を持ち、次の日には後悔して彼女の元へ戻るという。

最後は一応ハッピーエンドみたいになってましたが、アメリカだなぁって感じでしょうか。笑
こんな男と一生暮らすなんて、わたしだったら無理だなぁ
でも生まれてくる子どものことを考えると・・・ってなっちゃいますよね。
オトナって難しい。

サイテー男の浮気相手を演じていた、レイチェル・ビルソンという女優さんがものすごくキュートでした
ちょっと調べてみたら「THE OC」に出ていた方みたいです。
彼女が居ると分かってる男の人に恋心を抱いて強引につめよっちゃう、ちょっとイタいコの役ですが上目遣いがものすごく愛らしくて、こりゃぁしょうがないな、って思っちゃったり。笑

tc1_search_naver_jp.jpg
レイチェル・ビルソン


にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへにほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へブログランキング・にほんブログ村へ

拍手[0回]

<< PREVHOMENEXT >>
1 |  2 |  3 |  4 |  5 |  6 |  7 |  8 |  9 | 

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ranking




ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキング【くつろぐ】
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村 テレビブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ




BlogPeople









24 BBS設置しました★
24について語りまくりましょう!!
↓↓こちらからどうぞ↓↓

The Search 検索エンジン
24-twenty four-な日々。

楽天で探す
楽天市場











バーコード

忍者アナライズ

カウンター

Thanks





fanring



☆*:;;;:**:;;;:*☆*:;;;:**:;;;:*☆*:;;;:**:;;;:*☆
Don't wait around for your life to happen around you.
Find something that makes you happy, do it.
☆*:;;;:**:;;;:*☆*:;;;:**:;;;:*☆*:;;;:**:;;;:*☆




OOO みなさまへ OOO










無料のブログパーツ


Powered byNinja Blog  Template & Material by 素材屋405番地

忍者ブログ [PR]