忍者ブログ

24 -twenty four- な日々。

海外ドラマ「24 twenty four」のブログです。 Michelle役で出演しているReiko Aylesworthの大ファンになりました♪ 映画にもハマっていて、レビューもたくさん書いたりしてます。 Gerard Butlerも大好きです♡最近はHAWAII FIVE-0に夢中です♡♡

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

唇を閉ざせ




■唇を閉ざせ
TELL NO ONE/NE LE DIS A PERSONNE
2006年・フランス

■キャスト
クリスティン・スコット・トーマス / マリー=ジョゼ・クローズ / フランソワ・クリュゼほか

■受賞
セザール賞最優秀監督賞/セザール賞最優秀男優賞/英国インディペンデント映画賞/エドガー・ランポー賞

■ストーリー
アレックスは妻マルゴと訪れた湖畔で突然何者かに襲われ、湖に沈められる。
奇跡的に助かった彼だったが、マルゴはその後惨殺死体で発見される。
8年後、マルゴを名乗る見知らぬメールがアレックスの元に届く。そこには「このことは誰にも言わないで」という一言が…。
リンク先をクリックすると、その先に映っていたのは少し年を重ねたが元気なマルゴの姿だった。
アレックスは一人で、マルゴの居場所と殺人の裏に隠された秘密を求めて調査を開始する。
一方、その時マルゴの死体が発見された場所から新たな死体が現われ警察はアレックスを容疑者として追い始める。
アレックスが真実に迫る時、マルゴの行方を追う別のグループが現われアレックスを拉致しようとする。
果たして、誰が何のために、二人を追うのか?事件の裏側に隠された恐るべき真相とは?
楽天ブックスより引用

■レビュー
輝かしい受賞歴に惹かれて鑑賞。
よく考えたらフランス映画は初めて見ました
英語だったら何となくわかる気がしますが、フランス語はサッパリで、ストーリーを追うのが大変でした。
登場人物が若干(?)多く、皆同じに見えて・・・しかもストーリーが複雑なのでもう何が何だか

殺された妻が実は生きていて、それは何で?というストーリーが主軸となっています。
主人公の夫はその謎を追及するために奮闘。
普通の人にしてはものすごく頭がキレる&ジャック・バウアー並なところがびっくり。笑

最後はハッピーエンドでしたが、ストーリーが複雑だったので何だかすっきりしませんでした。。。

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へにほんブログ村 テレビブログへ
 ブログランキング・にほんブログ村へ

拍手[0回]

PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
<< PREVHOMENEXT >>
296 |  295 |  294 |  293 |  292 |  291 |  290 |  289 |  288 |  287 |  286 | 

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ranking




ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキング【くつろぐ】
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村 テレビブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ




BlogPeople









24 BBS設置しました★
24について語りまくりましょう!!
↓↓こちらからどうぞ↓↓

The Search 検索エンジン
24-twenty four-な日々。

楽天で探す
楽天市場











バーコード

忍者アナライズ

カウンター

Thanks





fanring



☆*:;;;:**:;;;:*☆*:;;;:**:;;;:*☆*:;;;:**:;;;:*☆
Don't wait around for your life to happen around you.
Find something that makes you happy, do it.
☆*:;;;:**:;;;:*☆*:;;;:**:;;;:*☆*:;;;:**:;;;:*☆




OOO みなさまへ OOO










無料のブログパーツ


Powered byNinja Blog  Template & Material by 素材屋405番地

忍者ブログ [PR]